大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

トピックス

橋梁下部工耐震補強

「橋脚耐震化 工期を短縮」
(全建の事例集にも選定)
建設通信新聞(平成22年1月22日付)に掲載されました。 
鋼製函体締切(RUP)工法 [PDF 138KB]

工法の概要

鋼製函体締切(RUP)工法は橋脚水中部において、既設橋脚を函体で仮締切し、ドライな状態を保つことにより、安全で高品質な橋脚耐震補強を行うための仮設工法です。

鋼製函体締切(RUP)工法の概要図

工法の特長

  • 鋼製函体は工場製作のため、橋脚形状に合わせて作製可能です。また、同形状の橋脚には転用可能です。
  • 鋼製函体はフーチング上に設置するため、河積阻害率を最小限に抑えることが可能です。
  • 浮力を利用して、曳航、沈設が可能なため、桁下空間の制限を受けません。
  • 函体下部のシール材をフーチングに密着させることで短時間に止水できます。

施工手順

① 鋼製函体組立
  ↓
② 曳航
  ↓
③ 設置
  ↓
④ 沈設
  ↓
⑤ 排水
  ↓
⑥ 締切り完了


施工手順 (クリックすると拡大します)

トピックス一覧へ戻る