大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

トピックス

台湾高速鉄道 大豊建設の技術が台湾の新幹線を支えています

大豊建設の土木・建築技術が台湾の新幹線の土木工事、建築工事に大活躍しました

台湾高速鉄道は、台北市から高雄市までの全長約345Kmを最高速度300Km/h、最速90分で結ぶ高速鉄道です。本事業は、台湾でも初となるBOT(Build-Operate-Transfer) 方式(*)によるものであり、当社は全12工区のうち、C220工区(17.78Km)区間に含まれる橋梁、トンネル、土工などの土木工事と、新竹駅の建築工事(S220)を完成させました。(2006年10月に開業、車両は日本のJR700系新幹線と同型を導入し運行しています。)

完成工区(C220)

台湾新幹線

施工場所
(クリックすると拡大表示します)

(*) BOT方式:
民間事業者が自ら資金を調達して施設を設計・建設(Build)し、一定期間の間、管理・運営(Operate)を行い資金を回収した上で、将来的には施設等を政府に移管(Transfer)する計画です。

工事概要

土木工事(C220):
総延長: 17.78Km
高架/橋梁延長: 9.28Km
トンネル延長: 3.96Km
土工: 4.54Km
建築工事(S220):
新竹駅舎工事
S+RC造
敷地面積: 7.45Ha
建築面積: 10.450m2
延べ床面積: 20.360m2
橋梁施工

施工中の橋梁

施工中の橋梁

施工中のトラス橋

トンネル施工

施工中のトンネル内部状況

施工中のトンネル内部状況

軌道施工

施工中の切土区間

コンクリート、レール敷設前の道床

完成写真

橋梁

鳳山渓(手前)より工区北側を望む

頭前渓内のトラス橋

トンネル

宝山1号乙トンネル南坑口
(奥に宝山1号甲、宝山1号トンネルを望む)

完工後のトンネル内部状況
(レール敷設は他業者施工)

軌道

切土区間(写真手前)

盛土区間(写真右手前)

駅舎

新竹駅 外観

新竹駅 外観

新竹駅 内観

プラットホーム

プラットホーム

本工事は、実績紹介 『海外建築』に掲載しています。(クリックすると移動します)
トピックス一覧へ戻る