大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

工法技術

半円筒スリットケーソン

工法の概要:
特許 第3051343号

半円筒スリットケーソンは、防波堤を構成するケーソン前面に半円筒形の消波部を設け、反射波低減と波力の低減を図る工法です。右図は半円筒スリットケーソンのイメージ図です。

工法の特長

  1. 反射波・波力を低減

半円筒形の部材とスリットにより、反射波高を90%(実験値)カットします。波力を低減し防波堤の安定性を向上させます。

  1. 衝撃砕波力の緩和

衝撃砕波力を50%(実験値)カットします。衝撃砕波力が発生する条件下においては特に有利です。

  1. 優れた経済性

消波ブロック被覆堤と比べ、大水深になるほど経済的になります。

消波ブロック被覆堤と半円筒スリットケーソン比較図

お問い合わせ先

土木本部 土木技術部


TEL:03-3297-7010

FAX:03-3551-4005

工法技術トップへ戻る