大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

工法技術

ドルフィンドック工法

工法の概要:
特許 第595545号

ドルフィンドック工法とは、ドルフィン式作業台船を用いて防波堤のケーソン (※) や岸壁・護岸、発電所取水口などの水中構造物を迅速かつ経済的に施工する工法です。
ケーソン製作は、安定性を確保するため基本的にはマウンドに着底した状態で行います。

(※) ケーソン:防波堤などはコンクリートの箱でできていますが、ケーソンとはその箱のことをいいます。

Ⅰ型ドルフィンドック

Ⅱ型ドルフィンドック

「ドルフィンドック開発のヒント」をクリックするとドルフィンドック誕生のいきさつが表示されます。

工法の特長

  1. 作業効率が向上します。

ドルフィン式作業台船を着底させるので、浮上している場合に比べて波浪による浮沈・傾斜・衝撃等の影響が非常に少なくなり、稼動率が向上します。

  1. 作業環境の改善ができます。

浮上している場合に比べて揺れが格段に少なく、陸上施工と同等の作業環境を得ることができます。

  1. 工事占有水域を小さくできます。

着底させるので、係留アンカーの設置を最小限に抑えることができ、狭い水域での作業に適しています。

  1. 進水時の安定性が高くなります。

大型のドルフィンドックには補助フロートが装備されているので、ケーソン進水時に台船の傾斜を制御することができます。

  1. 浅い場所でも進水できます。

函台部の厚さが薄いので、水深が浅い場所でも進水できます。

  1. 浮上した状態での作業も可能です。

港内で静穏度が高い場合、フローティング式作業台船としての作業が可能です。

施工手順

ドルフィンドックでの施工手順 (1分20秒) (※)

(※) ビデオをご覧いただくためには、『Windows Media Player』が必要です。『Windows Media Player』はマイクロソフト社のダウンロードセンターから無償で入手できます。マイクロソフト社のダウンロードページはこちらです。(Windowsのバージョン、OSによって最新のバージョンが違いますので、パソコン環境に適しているものを選択してください。)

お問い合わせ先

土木本部 土木技術部


TEL:03-3297-7010

FAX:03-3551-4005

工法技術トップへ戻る