大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

工法技術

耐震補強工法

耐震補強

1995年1月17日。 阪神・淡路大震災は一瞬にして多くの建物や道路を破壊しましたが、それ以上にたくさんの犠牲者を出しました。この大震災は建物の耐震性について見直すきっかけになり、同年12月に「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が施行され、建物の耐震診断、補強、改修を行うことが求められるようになりました。

尊い人命を失うことを未然に防ぐことは当然ですが、建物の財産的価値を守ることも大切です。地震国日本、将来の大地震に備えて地震補強対策が必要となります。

大豊建設は耐震に関するコンサルタントからメンテナンスまで、お客様のニーズにトータルでお応えします。

耐震補強工法の特長

MARS工法
(炭素繊維補強)
3Q-Wall工法
(プレキャストブロック補強)
特 長

① 施工性
材料が軽量であり、運搬施工が容易

② 形状・重量の変化
補強後の形状変化が少なく、建物重量の増加がほとんどない

③ 耐久性
塩害やアルカリ劣化の影響を受けず、耐久性に優れている

① 低騒音・低振動
施工時の音や振動が少ないため、建物を使用したままど補強が可能

② 省スペース
養生が簡便で、小型材料を使用するため狭いスペースでの施工が可能

③ 短い工期
在来工法に比べ工期短縮が容易

備 考

・建築防災協会の技術評価を取得
・MARS工法研究会

・3Q-Wall工法研究会

適用事例

適用事例1

3Q-Wall工法

3Q-Wall工法 概要

施工状況

適用事例2

岡山県の美作第一小学校の耐震補強および大規模改造工事の事例を紹介します。

耐震補強工法による施工実績は、実績紹介
教育研究・文化施設』に掲載しています。
(クリックすると移動します)

お問い合わせ先

建築本部 建築部


TEL:03-3297-7012

FAX:03-3553-6935

工法技術トップへ戻る