大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

工法技術

覆工耐火材工法

工法の概要

DEFIMA工法はトンネル構造体の表面に断熱軽量コンクリートの耐火材を取り付け、火災などの高熱からトンネル覆工体を保護する工法です。

DEFIMA工法はセメント、軽量骨材、微粉末、ポリスチレン、合成繊維、混和材からなる耐火軽量モルタルで吹付けによる施工を基本とするため、従来のパネル式耐火材に比べ大幅なコストダウンを実現します。

覆工耐火材 断面

お問い合わせ先

土木本部 エンジニアリング部


TEL:03-3297-7011

FAX:03-3551-4005

工法技術トップへ戻る