大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

工法技術

Me-A工法

建物の安全性向上とコスト低減が可能な杭工法「Me-A工法」
-中間および先端に拡径部を有する場所打ちコンクリート杭工法-

Me-A工法(Multi Enlarged-NODES Ace pile)は、建物の安全性向上と建設コストの低減が可能な場所打ちコンクリート杭工法で、中間および先端に拡径部を有することを特徴としています。Me-A工法は、一般財団法人ベターリビングより一般評定を取得しています。

図1 Me-A工法の原理と適用のメリット

技術概要とメリット

Me-A工法は、アースドリル工法を用いて、杭の中間および先端に節状の拡径部を設けて、建物を支える力を増大させた場所打ちコンクリート杭を造成する工法です。杭の中間にも拡径部として抵抗要素を設けることで、従来の拡底杭のように建物の自重を支える支持性能を先端だけで増大させず、先端と中間に分散して増大させることができます。また、この拡径部は杭の引抜き抵抗としても有効に働くため、地震の時に建物を転倒させようとする力に抵抗します。

  1. 杭の建設コストを低減できます。

中間や先端の拡径部により支持力を大きく負担できるので、従来の杭よりも短く、細くすることが可能になり、杭の工事費低減が可能です。太い径の杭が必要な超高層建物のような自重の非常に大きい建物でも、中間支持層が存在する地盤であれば、杭の工事費を10~30%低減することが可能になります。

  1. 地震時の杭の引き抜き抵抗力に優れています。

拡径部が引抜き抵抗となっているため、細長い形状や板状の建物で地震時に杭に大きな引抜き力が加わる建物への適用も有効です。

  1. 限られた敷地での適応性に優れています。

中間支持層がある地盤であれば、中間拡径部で支持力を期待できるので、従来の杭より拡径径を小さくすることが可能になり、限られた敷地での適応性に優れます。

施工方法

写真1 掘り出したMe-A杭(小口径)

写真2 中間部拡径部の施工機械
(大口径杭用)

図2 Me-A工法の施工手順例

図3 Me-A杭イメージ

評定書 [PDF 686KB]

工法技術トップへ戻る