大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

工法技術

特長・工法比較・工法説明

ニューマチックケーソン工法の特長

ニューマチックケーソン工法により築造された橋梁基礎や構造物は、多くの優れた特性があります。

  1. 構造物としての信頼性が高い。
  • 構築は陸上施工であり、高品質の鉄筋コンクリート製の構築物が築造できます。
  • 気密性、水密性が高く耐久性に優れています。
  • 支持地盤の確認が確実かつ容易にでき、底詰めコンクリートを介して作用外力を確実に支持地盤に伝達します。
  1. ねばり強い。
  • 剛性が高く、大きな耐荷力と高い耐震性を有します。
  • 地震時の地盤液状化に対する抵抗力も大きいです。
  • 大きな支持面積で外力に抵抗するので長大橋への適用性が高いです。
  1. 軟弱地盤から岩盤まで、あらゆる土質に対応します。
  1. 工程管理が確実です。
  1. 既設構造物・基礎あるいは、予期せぬ地中障害物も確実に撤去できます。
  1. 周辺環境への影響が少なくてすみます。
  • 無振動・低騒音工法。
  • 圧気により地下水を押さえるので、周辺地盤の変状を制御できます。
  1. 近接施工に適しています。
  1. 使い方によりいろいろなメリットがあります。
  • ケーソン内部は自由な地下空間として利用可能です。
  • あらゆる形状に対応できます。
  1. トータルコストで経済性に優れています。

ニューマチックケーソン基礎と他の基礎工法との比較

リーフレット

工法説明

リーフレット

現場紹介

お問い合わせ先

土木本部 エンジニアリング部


TEL:03-3297-7011

FAX:03-3551-4005

工法技術トップへ戻る