大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

工法技術

大豊建設のニューマチックケーソン技術

当社で開発した主なニューマチックケーソン施工技術

  1. 鋼殻ケーソン(浮沓)工法

1957年(昭和32年)に築島方式に代わる工法として、わが国で初めて福島県の八沢浦海口閘門に鋼殻ケーソン(当時は「浮沓」と称した。)を採用しました。
締切り・築島が不要となり、経済的で河川断面阻害率を低減できます。

鋼殻ケーソン

鋼殻ケーソン施工手順

ケーソン方式 鋼殻施工実例ビデオ紹介 (3分34秒) (※)

  1. 二重スラブを使用した大気圧エレベータの開発

(特許 第3349974号他)

作業員がマンシャフトの螺旋階段を使って昇降することは、深くなるにつれ身体的にも大きな負担がかかり、また、減圧症の発生にもつながります。
二重スラブ構造にすることにより、作業室直上にマンロックを設け、その間を大気圧エレベータで昇降するシステムを開発しました。昇降作業の環境改善、減圧症の抑制に大きな効果を発揮します。

二重スラブと大気圧エレベータ

  1. DREAM工法(遠隔操作システムによる無人化掘削工法)

(特許 第1795378号)

1965年(昭和40年)頃より、ニューマチックケーソンの機械化掘削の試みが行われ、1987年(昭和62年)から本格的な遠隔操作システムによる無人化掘削工法の開発に着手しました。また、1988年(昭和63年)に東北横断自動車道 阿賀野川橋(下部工)工事で実証実験に成功し、DREAM工法(無人化掘削工法)を確立しました。

DREAMDaiho Remote control Excavation Automatic Method の略称

DREAM掘削機

遠隔操作システム

  1. 掘削機の無人回収システム

(特許 第3405537号)

ケーソン沈下完了後、遠隔操作により、掘削機を無人で回収するシステムを開発しました。1992年(平成4年)に三河島~砂町間送泥管立坑設置工事で採用され、掘削機の回収の無人化を実現しました。当該工事の最高気圧下での作業が削減され、作業環境が改善されました。

掘削機回収システム

  1. 多機能型ケーソン掘削機DREAMⅡ(無人化掘削機)

(特許 第3794511号他)

1997年(平成9年)に、粘性土から砂礫層・岩盤までの広範囲の土質に対応できる遠隔操作で掘削可能な「多機能型ケーソン掘削機DREAMⅡ」を開発しました。同年の東北縦貫自動車道馬淵川橋(下部工)工事に採用され、岩盤掘削に成功しました。
この掘削機は、砂礫・シルト等の一般土質のほか、岩盤・転石・既設地下構造物の掘削・破壊除去を行うために、削岩機(装薬作業は人力)、ブレーカ、ドラムカッタ等各種アタッチメントの装着が短時間で簡単にできる多機能型の天井走行式ケーソン掘削機です。

DREAM II掘削機
(バケット0.3m3)

DREAM II掘削機
ブレーカ(300kg級)

DREAM II掘削機
ドリフタ(350kg級)

  1. New DREAM工法(新大豊式ニューマチックケーソン工法)

(特許 第3470894号他)

New DREAM工法(図)

New DREAM工法(概要)

New DREAM工法 概要 へ

(※) ビデオをご覧いただくためには、『Windows Media Player』が必要です。『Windows Media Player』はマイクロソフト社のダウンロードセンターから無償で入手できます。マイクロソフト社のダウンロードページはこちらです。(Windowsのバージョン、OSによって最新のバージョンが違いますので、パソコン環境に適しているものを選択してください。)

お問い合わせ先

土木本部 エンジニアリング部


TEL:03-3297-7011

FAX:03-3551-4005

工法技術トップへ戻る