大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

工法技術

適用用途・実績紹介

ニューマチックケーソン用途による分類

ニューマチックケーソンは構造物基礎、地下構造物の施工において適用されています。

赤枠、または写真・イメージ図をクリックすると拡大表示します。

ニューマチックケーソンの施工法による分類

ニューマチックケーソンには、ケーソン天端周囲に止水壁を設けて沈設する止水壁ケーソン方式と、ケーソン頂部の構築に引続き橋脚躯体部を構築して沈設させるピアケーソン方式、さらに、設計上は直接基礎に分類される比較的浅い基礎に、刃口を設けて沈設する直接基礎方式があります。

赤枠、または写真・イメージ図をクリックすると拡大表示します。

ニューマチックケーソンの施工場所による分類

ニューマチックケーソンは、陸上施工のみならず、河川や湖沼あるいは海上などの水上施工と、あらゆる場所で施工可能な工法です。ケーソンを施工する場所によって分類すると、陸上ケーソンと水中ケーソンに大別できます。

赤枠、または写真・イメージ図をクリックすると拡大表示します。

施工実績

お問い合わせ先

土木本部 エンジニアリング部


TEL:03-3297-7011

FAX:03-3551-4005

工法技術トップへ戻る