大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

工法技術

アンカーケーソン工法

アンカー併用ニューマチックケーソンで、雨水貯留のコストを約10%削減
「豊満ダム」から70年超、完全無人化へ 
大豊建設のニューマチックケーソン [PDF 148KB]
日刊建設工業新聞 (平成22年3月18日付) に掲載されました。

アンカーケーソン工法の概要:
特許 第4481272号

近年、特に都市部において浸水対策用の雨水貯留槽やポンプ場などの需要が増えており、これらの築造にニューマチックケーソン工法が多く用いられるようになっています。このような状況の下、ニューマチックケーソン施工に多くの実績を有する大豊建設は、この度、グラウンドアンカーで多くの実績とノウハウを持つ(株)エスイーの協力を得て、合理的で経済的な雨水貯留槽などを築造する工法として、アンカーケーソン工法を開発しました(特許出願中)。
この工法は、ケーソン躯体の浮上り対策としてグラウンドアンカーを使用するものです。

グラウンドアンカーは、東京駅や上野駅の地下部の浮上り対策や建築建物の地震時転倒対策などに多く用いられており、このアンカーをニューマチックケーソンに応用することで、ケーソンの壁厚を薄くでき、コスト縮減をはかることができます。

大豊建設は、ケーソン躯体下部の二重スラブを多目的に利用する New DREAM工法を開発しており、大規模・大深度のシールド立坑に採用されています。このほど開発したアンカーケーソン工法は、このNew DREAM工法で設ける二重スラブのさらなる有効利用を図り、二重スラブ内部からグラウンドアンカーの打設を行うものです。
アンカーケーソン工法を採用して雨水貯留施設を築造することにより、ケーソン躯体の壁厚の縮減が図れ、従来型ニューマチックケーソン工法により築造する場合に比べ、5~10%のコストダウンが可能となります。

アンカーケーソン工法の特長

ケーソン外径を小さくできます。

ニューマチックケーソン工法で大規模地下構造物を築造する場合、浮力に対抗するために躯体の壁厚を大きくして、躯体の質量を増加させる場合がありますが、アンカーケーソン工法ではこのような配慮は不要であり、ケーソン外径を小さくできます。

占有面積を小さくできます。

ケーソン躯体の壁厚を薄くできるため、施工時および完成時の占有面積を小さくできます。

建設コストを縮減できます。

ケーソン躯体壁厚および外径を小さくできることから、躯体の構築および掘削に関わるコストが減少し、従来型ニューマチックケーソン工法に比べ5~10%の建設コスト縮減となります。

New DREAM工法を用いたグラウンドアンカーの施工

従来工法との比較例

円形断面の雨水貯留槽(容量30,000m3、深さ50m)で従来ケーソンと New DREAM工法を用いたアンカーケーソンを比較した場合、従来ケーソンの壁厚は4mに対し、アンカーケーソンの壁厚は2m程度になり、ケーソン外径は従来ケーソンがφ39mに対しアンカーケーソンがφ35mになります。本ケースでは、アンカーケーソンは、コンクリート量を35%、沈下掘削量を20%削減でき、グラウンドアンカーの50年分のメンテナンスコストを見込んでも、工費は10%程度縮減されます。

アンカーケーソン比較図 (円形雨水貯留槽・容量30,000m3)

アンカーケーソン比較図
(円形雨水貯留槽・容量30,000m3)

お問い合わせ先

土木本部 エンジニアリング部


TEL:03-3297-7011

FAX:03-3551-4005

工法技術トップへ戻る