大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

トピックス

中央区 みんなの食堂『勝どき枝豆プロジェクト』に飲料品をお届け

 2022年4月23日(土)、当社は東京都中央区のみんなの食堂『勝どき枝豆プロジェクト』を訪問し、大豊本社ビル内に設置の『こども支援自動販売機』でご協力頂いている、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社様から提供頂いた飲料品をお届けしました。
 当日は大豊建設㈱企画本部コーポレートコミュニケーション部の稲垣好泰部長と横江保人次長、ESG推進課の中西未樹課長代理が、みんなの食堂の会場である中央区勝どきデイルームを訪れ、勝どき枝豆プロジェクトの共同代表 前嶋裕紀子さんに飲料品を直接手渡しました。
 このご縁は『認定NPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえ』を通じて、地元東京都中央区の方々へ『少しでも皆さんにお役に立てればうれしい』という思いで実現しました。

飲料品お届けの様子(左から)大豊建設 稲垣部長・勝どき枝豆プロジェクト共同代表 前嶋さん

飲料品お届けの様子
(左から)大豊建設 稲垣部長・勝どき枝豆プロジェクト共同代表 前嶋さん

来場した皆様にご挨拶している様子 (左から)勝どき枝豆プロジェクト共同代表 前嶋さん・大豊建設 稲垣部長・中西課長代理

来場した皆様にご挨拶している様子
(左から)勝どき枝豆プロジェクト共同代表 前嶋さん・大豊建設 稲垣部長・中西課長代理

ベビーカーの親子に飲料品を手渡している様子(大豊建設 稲垣部長・中西課長代理)

ベビーカーの親子に飲料品を手渡している様子(大豊建設 稲垣部長・中西課長代理)

『勝どき枝豆プロジェクト』について

 『勝どき枝豆プロジェクト』は、2018年4月に中央区の地域コミュニティの担い手養成塾の受講生が中心となって立ち上げた活動で、当初は地域の方と枝豆を育て収穫祭を行うプロジェクトから始まり、現在は勝どき・月島を中心に地域の居場所づくりとして、みんなの食堂を開設されております。活動指針である『地域の居場所づくり』の考えに当社は賛同し、今後も継続してこの取り組みに少しでもお役に立てることを目指しています。

『勝どき枝豆プロジェクト』
『勝どき枝豆プロジェクト』

 東京都中央区に本社を置く当社は、2006年7月から中央区が推進する地域清掃活動の『まちかどクリーンデー』に毎月参加、年に一度5月末の休日に開催されるクリーンデーには地元企業と地域の皆さんと共に、楽しく和気あいあいの中、清掃活動に参加しています。
 また2009年11月には、地震や災害時にお役に立てればと、地元新川一丁目東町会と『災害時援助協定』を締結。この協定は、本社ビル地下受水槽施設を被災者の応急給水設備として活用し援助活動を行うものであり、地域に根ざした活動に取り組んでいます。
 2021年4月1日にESG推進室が設置、2022年1月1日企画本部コーポレートコミュニケーション部ESG推進課となり、様々な活動を通じて地域貢献を継続的に行っております。

中央区 みんなの食堂『勝どき枝豆プロジェクト』にBCP備蓄品を寄贈
認定NPO法人 キッズドアにBCP備蓄品を寄贈
こども食堂支援自動販売機を大豊建設本社に設置しました

これからもさらに地元中央区の地域の皆様と共にある企業として、継続して活動していきます。

 ■『むすびえ』 https://musubie.org/ 
   (むすびえのウェブサイトへ移動します)
 ■『勝どき枝豆プロジェクト』 https://www.edamame.group/ 
   (勝どき枝豆プロジェクトのウェブサイトへ移動します)
 ■『コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社』 https://www.ccbji.co.jp/ 
   (コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社のウェブサイトへ移動します)

トピックス一覧へ戻る