大豊建設 | DAIHO CORPORATION

menu

トピックス

74歳 現役土木技術者 村本道夫さん

『いきいき元気に働いている姿を読売新聞が取材』 ~ナカノ千葉白井作業所~

親と子ほどの年齢差も感じさせない笑顔の村本さん(左から3人目)
今日も現場のみんなと『いきいき』と打ち合わせ

読売新聞社の取材を受ける村本さんと現場職員

取材を受ける村本さん

 村本さんは、昭和19年9月生まれの74歳。昭和42年4月に大豊建設入社以来現場一筋で、東京支店土木工事課の課長(千葉管轄)を歴任。明かり工事を中心に難工事現場も経験し、総武本線江戸川橋梁下部工事(国鉄東京第一工事局)を皮切りに、主に千葉県内の土木工事に携わりました。

 なかでも記憶に残る工事は、習志野市菊田川2号幹線管渠建設工事。施工計画の検討等県や市、発注者や近隣等の折衝、現場の施工助言等の数々の重要な役割を果たし、後の当社特許技術の偏心多軸(DPLEX)シールド工法(習志野市菊田川2号幹線管渠建設工事その18工事、22工事)の採用に繋げた功績者の一人です。

 いつも笑顔で優しく、温かい雰囲気の大所長で、部下や協力会社の面倒見が良く信頼されました。第一線の工事課長を退いて15年目、その人柄は今でも変わらず、明るく人懐っこい笑顔。『できるだけ長く続けてくださいネ』と声をかけると、『体が続く限り現場の役に立ちたい』という言葉が返ってきました。村本さんの目線は、100t杭打機の方角を真っすぐ見つめていました。

読売新聞 [PDF 3,103KB]
(平成31年1月14日に掲載されました)

トピックス一覧へ戻る