エントリーはこちら

COMPANY 会社を知る

職種紹介

WORK
土木社員の仕事

土木の建設現場は人、資材、機械を集めて、設計図書(設計の内容を示す書類)に従い、求められる構造物を造るところです。建設技術者は、その集めたものに時間の要素を加え安全、品質、工程、コスト等の管理をおこない工事を進めます。そして工事を経験していくなかで、発注者の要求事項を理解し工事の計画を立案し、積算(工事に必要な価格を算出すること)をおこない、多様な制約条件のなかで工事を遂行するマネジメント力を培っていきます。
まず、現場をマネジメントするために最初に必要な力は、“見る”ということです。そのために最初は測量を現場で覚えます。トランシット(角度・距離を計測する測量機器)、レベル(水準測量をする測量機器)などの取り扱いは、初めは苦労しますが、心配なくだれでも扱えるようになります。また、内業では図面を見て、面積、体積などを算出する数量計算の業務があります。これにより図面を理解し、測量によって現地に“線”を引くようになると面的・立体的に現場をとらえられるようになります。
次にする仕事は、“記録する”ことです。工場で大量生産する製品と違い、現地一品生産(異なる土地で、顧客の注文に基づき、一品毎生産)する建設業では品質を証明するために工事の段階ごとに、様々な記録をとります。例えば鉄筋を組み立てれば、設計図通りに組み立てられていることを、写真を撮って記録します。生コンを打設すれば、現場試験の数値確認をします。これらの業務に携わることで、品質管理の手法などを覚えていきます。
少し慣れると資材を発注する仕事を任されます。現場で使用される資材は多仕様なものがあり、工事の進捗に合わせて現場に供給する必要があります。例えば生コンは、強度による種類があり、打設する場所によりスランプ値(コンクリートの軟らかさの程度)が異なるので、資材の数量だけでなく品質や搬入時間など注文時に気を付けなくてはならいことがあります。また、搬入された資材が、注文通りか確認することも大事なことです。
さらに、工事の進捗を確認する工程内検査も重要な業務です。これは、手戻り(やり直し工事)が発生しないように施工の各段階で計画通りにできていることを確認してから、次の段階に入るようにすることです。先輩の補助で検査を行い、要領がだんだんわかり自然に出来るようになります。
また、現場は多職種な人たちが働いています。この人たちをつなぐことも私たちの仕事です。複数の協力業者が1か所で仕事をする現場では毎日、作業調整・安全指示の打ち合わせが行われます。協力会社とコミュニケーションをとって、業者間の意見調整をしながら工事を進めていくことにより、多くの職人・技能工と出会い、日々知識が増えて、最初は右も左もわからない状態でも、「工事を進める」という共通認識を持つなかで、だれでも現場に溶け込めていきます。
最後に、現場にはいろいろなルールがあります。これらのルールのもとは、労働安全衛生法、建設業法、道路交通法などの法律です。私たちは現場の業務を通じてこれらの法令を理解し、ルールを遵守するためにしなければいけないことを身に付け、現場管理のできる社員に成長していきます。

建築社員の仕事

建築とはビルや住宅などの建物を建てることです。顧客のニーズをくみ取った設計、確実に完成へと導く施工ノウハウが求められます。

【建築施工】常に業務改善を行うことにより施工能力を向上

建築、土木問わず、ゼネコンの業務の根幹をなすのが施工管理です。建築施工では詳細設計に基づき、QCDSE(品質、コスト、工期、安全、環境)、特に安全・環境を柱に高品質な構築物を適正工期で施工することにより、利益を生み出し顧客が満足する建物を構築しています。そのため施工前の計画では、あらゆる角度からシミュレーションを行い、もっとも効率的な工事の手順を検討します。規模の大きな現場となれば、数百人単位で作業スタッフを統括しなければならないため、リーダーシップ能力が要求されます。
施工段階でのゼネコンの業務が“施工”ではなく、“施工管理”と呼ばれるのは、実際の作業はサブコンと呼ばれるさまざまな専門工事会社(鳶、鉄筋、大工、左官etc)が施工を行い、ゼネコンは元請として全体のマネジメント機能を担うためです。
建築工事は、毎回新たな生産プロセスを必要とする上に、屋外での作業となります。天候による影響を受けやすく、着工後の施工管理が重要になってきます。常にPDCA(計画、実行、点検、改善)を行うことにより業務の改善をし、私たちの生活を支える建物を造っています。

【建築設計】設計施工一括受注で、強みを最大限に発揮

建築の設計は、顧客のニーズをくみ取って図面化し、顧客およびプロジェクトのメンバー全員に対して、そのイメージを明確に伝えるのが仕事です。顧客が求める、機能、品質、コストを満たした上で、創造力豊かなデザインと機能性を両立させます。
建築設計は意匠(デザイン)設計、構造設計、設備設計、監理の4つに大別され、それぞれの専門家が連携をとりながら進められます。意匠中心の「基本設計」を経て、最終的には工事費の積算をコスト内でクリアした「詳細設計」として落とし込みます。中でも複雑化が進む設備設計は、特に重視され、オフィスのIT化や竣工後のライフサイクルコスト、さらには環境対策などについて、建物の用途、立地条件、または法的制約に合わせた設備機能を導入することが重要になっています。
着工後は工事管理を行い、設計図に沿った施工が進められているかチェックするのも、設計者の大切な仕事です。
ゼネコンの設計施工一括工事では、自社の技術力、施工ノウハウを最大限に発揮できるため、品質、コスト、工程に関する顧客要求満足度を高めることに繋がります。

機電社員の仕事

すべての建設現場は、機械を使い、電気を使用して工事を進めています。その依存度は近年非常に高くなっています。建設現場で使用する機械・電気をコントロールするのが建設会社の機電社員の仕事です。その仕事の多くは、仮設で現地に合わせた設備配置を求められ、それにより施工効率が定まることもある重要な業務です。現場ごとに違う仮設備は、定まった常設設備を造ることとは違い制約はありますが自由度が高く、自分の考えを表現できる業務です。

機械社員

大豊建設の基幹技術は、ニューマチックケーソンとシールドでどちらも大規模な仮設備を要する工種です。
したがって、機械社員は建設機械の名称と能力を覚えることが最初の仕事になります。ニューマチックケーソンは自社で保有していますが、現場ではそれ以外にリースで多くの機械を使用しているので、その機械についても知識を持つことが求められます。また、ドルフィンドックは他社にはないもので、その取扱いも学んでいかなければなりません。現場で実際に稼働している建設機械を見ながら、徐々に理解していくことになります。
建設機械の知識を身に付けつつ、次は機械の組み合わせについて勉強します。機械は単独で使われることは少なく、他の機械や仮設備と組み合わせてその能力を発揮します。どの組み合わせがよいか現場の機械群を見る実地と機械に関する知識を積み重ね経験していくことで、判断力が養われていきます。
デスクワークでは、CADを覚える必要があります。CAD習得の入り口は難しいかもしれませんが、少し覚えるとあとは業務を通じて自然に覚えていきます。
これらのことを覚えると、仮設計画図を作成することが出来るようになります。実際に使用する施工部門の社員の意見を聞き、現地に合わせた図面を書くようになれば一人前です。土木工事は現場ごとに条件が違うため、いろいろな制約条件を考慮して仮設図が描けるか、機械社員の腕の振りどころです。
また、仮設備には法的制約が必ずあり、これも実際に現場をみることで勉強していきます。そして 建設機械は、動き出すと止められないものも少なくありません。機械の維持管理は、施工効率に直接影響を与える重要な業務です。使用する側は動いて当たり前と思ってしまいますが、機械はメンテナンスを正しく行わなければ、その能力を発揮できません。仕事を進めながらメンテナンスの計画をたて実施していくのも機械社員の業務です。

電気社員

大規模な仮設備を要するニューマチックケーソンやシールドなどでは、使用する電気量も電力設備も大きなものになります。施工設備に合わせて電気設備を計画し、使用中の維持管理、完成後の設備の撤去までが電気社員の業務になります。
よって、電気社員は入社後、用語を覚えることから始まります。実際の現場に立ち会いどの機材がどの様な役目をするのかを、少しずつ勉強していくことになります。新しい機器の普及も目覚ましいため、その情報を取得していく事も大事になります。また、施工する工事の流れを理解することも必要になります。
さらに、機械の出力(電力量)を算出することも初めに覚えることです。先輩が作成した仮設備図からキャプタイヤ(電線)の長さや配電盤の個数等の数量を拾うことで、図面を見る力が養われていきます。
また、仮設電気計画図を描く為に、CADを覚える必要がありますが、努力次第で自然と身についていくでしょう。
一通りのことを覚えた電気社員は、現場で必要な電気を供給するための受電計画を立案するようになります。電力を使用する機器より電力量を算出し、ピーク時に供給不足にならないように、または過剰(コストに影響)とならないような計画が求められます。工程表を確認し、いつどこでどんな機械が使われるかを想定して、受電設備や配電盤、照明の配置を計画し、図面作成します。
施工中は、電気設備の維持管理に携わります。計画通りに電気が供給されているか、現場の状況の変化に対応できているかなどチェックし、是正すべきことは電気工事業者に指示し直していきます。
最後に、一つとして同じ現場はなく、現場も工事の進捗により変化しいていく中で、電気を安定して供給することが電気社員の役割です。

事務社員の仕事
営業社員

常に情報収集に努め、発注者からの要望を聞き、社内の各部門と連携を取りながら企画書、提案書をまとめます。営業は会社の顔として発注者と接する直接の窓口として大きな役割を担っています。信頼され、良好な人間関係を構築することが必要不可欠です。社会の基盤となる町づくりに関わる建設業界の営業は、他の業界と比較してスケールの大きさは随一です。

事務社員

健全な企業活動を維持し、円滑に機能させるため、法務、人事、総務、財務に関する業務を分担し、経営環境の変化に対応する各種施策の立案実行、各部門への支援を行います。具体的には、施工に関する庶務・会計・契約・安全等に関する諸業務、リスクの適切なコントロールの維持向上、人材確保及び育成、各種広報活動、経営計画推進に必要な情報提供、健全な財政状態及び資金効率の維持向上等を行います。

キャリアプロセス

CAREER PROCESS

福利厚生・課外活動

EXTRACURRICULAR ACTIVITIES

当社は常に顧客第一を考えていますが、同時に会社と従業員、その家族が“共に幸せになれる”環境を目指しています。
会社以外でも充実した生活を送れるよう、保養所等、福利厚生制度に力を入れています。

給与・福利厚生(待遇)
◆平均勤続年数15年以上
◆住宅補助あり
◆資格取得奨励金あり
◆家族手当あり
初任給
◇修士了 267,000円(現場手当36,000円含む)
◇大学卒 256,000円(現場手当36,000円含む)
◇専門卒 236,000円(現場手当36,000円含む)
*別途諸手当 時間外勤務手当、役職手当、家族手当、住宅手当他
通勤手当(全額支給)
昇給
年1回
賞与
年2回
休日・休暇
◇完全週休2日制(土・日曜)
◇祝日
◇年末年始
◇夏期休暇
◇有給休暇
◇慶弔休暇
年間休日126日(平成27年度)
保険
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
諸制度・その他
確定拠出年金、寮・借上住宅、共済会、労働組合
従業員持株制度、財形貯蓄制度、育児・介護休業制度
教育制度
◇入社前内定者通信教育
◇新入社員研修(1週間)
◇入社6か月後フォローアップ研修
◇中堅社員職種別研修(入社後4、9、15年目)(1週間)
◇各種技能研修
◇語学研修
保養所

長期休暇や連休など、家族や社員同士で利用するケースが多いです。

  • エムロード熱海(展望風呂・サウナ付)

  • 西武ヴィラ苗場クリスタルⅠ号館

その他、湯河原にも保養所があります

課外活動

有志が集まり、他部署とのコミニュケーションを楽しんだり、さらには健康増進に頑張っております。

  • マラソン部

  • 自転車部

  • テニス部